部分矯正の診察室

前歯の並びを微調整した部分矯正の症例[No.023]


今回は、すでに一度矯正治療を行っており、すでに歯並びが綺麗な方が部分矯正をした症例です。

すでに歯並びが綺麗ではありますが、ご本人のこだわりとして前歯の並びを少し変えたいとご希望でした。

繊細な調整が必要な矯正となりましたが、矯正装置を裏側矯正装置にすることで、前歯の仕上がりを確認しながら進め、最終的にはご満足いただけました。

前歯の並びを微調整した部分矯正の症例

部分矯正前(正面)

部分矯正前(正面)

部分矯正後(正面)

部分矯正後(正面)

部分矯正前(下から)

部分矯正前(下から)

部分矯正後(下から)

部分矯正後(下から)

部分矯正前(咬合面・上)

部分矯正前(咬合面・上)

部分矯正後(咬合面・上)

部分矯正後(咬合面・上)

治療前の状態と患者さまのご要望

すでに歯並びが綺麗な患者様でしたが

・上の前歯を動きのある感じにしたい

ということで、来院されました。「動きのある感じ」を深く掘り下げると、前歯4本が平面的すぎると感じており、より自然な感じになりたいようでした。

治療プラン

上前歯4本を部分的に裏側矯正する治療プランを提案しました。

上前歯の左右1番(写真内1番の歯)を唇側に、左右2番を舌側に動かすことで立体感や自然さを出していきます。

その際、歯の隣接面をわずかに削る(ディスキング)ことにより、見えているブラックトライアングルをなくします。

※ブラックトライアングルとは、歯と歯と歯ぐきの間にできた三角のすき間をいいます。お口の中は暗く見えるため、すき間も黒に見えることから、「ブラックトライアングル」と呼びます。

部分矯正治療の結果

前歯4本の動かした量は本当にごくわずかでしたが、こだわりの強い方でしたので、確認しながら治療を進めました。

中切歯(写真中1番の歯)・側切歯(2番)・犬歯の前後的な差がつき、それぞれの歯の形の特徴をしっかり出せたかと思います。

5か月かかりましたが、患者さまにとってご満足のいく結果になりました。

今回のように、前歯をフラットにするか、自然さを求めていくかは、ご本人の好みにより分かれるところです。当院では、通常、矯正治療の終盤にご意見を聞きながら調整しています。今回のケースでは、すでに歯並びが綺麗になっているところから、もう一度矯正を行うのは、大変めずらしいケースだと言えます。

治療DATA

患者様の属性 20代女性
矯正期間 5か月
矯正装置の種類 裏側・部分矯正
矯正装置の料金(税別) 350,000円
処置料(税別) 6,000円
当院の矯正装置と費用 当院の治療の流れ

記事カテゴリー

部分矯正の基礎知識 矯正のリアル 矯正装置の紹介
出っ歯 歯並びの基礎知識 一覧

SNSで更新情報をCHECK

facebook

オススメの記事

  • すきっ歯、詰め物で治す?矯正で治す?

    2018.01.26

    「すきっ歯」を矯正治療で治すメリット・デメリット、費用や期間の比較

    部分矯正の基礎知識
  • 部分矯正のデメリット・よくある症例

    2017.07.5

    前歯だけ歯並びを治す部分矯正のメリット・デメリット、よくある症例紹介など

    歯並びの基礎知識部分矯正の基礎知識
  • “歯科矯正の見た目が気になる人必見!裏側矯正の実力とは”はロックされています。 歯科矯正の見た目が気になる人必見!裏側矯正の実力とは

    2017.05.22

    歯科矯正の見た目が気になる人必見!裏側矯正の実力とは

    矯正のリアル矯正装置の紹介
pagetop