部分矯正の診察室

前歯の叢生・正中ズレ・クロスバイトを部分矯正した症例[No.022]


前歯全体が左右どちらかにズレてしまっている場合、前歯の中央(正中:せいちゅう)もずれてしまいます。結果として、お顔の印象まで歪んだようになってしまうケースがあります。

今回の症例は、上の前歯全体が右側にずれてしまっていたので、歯列を整えながら左へ移動しました。
八重歯などの要因もあわせて全顎矯正が望ましいケースではありましたが、治療にかかる期間や金額を考慮して、部分矯正で可能な範囲での治療となりました。

前歯の叢生・正中ズレを部分矯正した症例

正中ずれ・反対咬合の治療前(正面)

正中ずれ・反対咬合の治療前(正面)

正中ずれ・反対咬合の治療後(正面)

正中ずれ・反対咬合の治療後(正面)

正中ずれ・反対咬合の治療前(下から)

正中ずれ・反対咬合の治療前(下から)

正中ずれ・反対咬合の治療後(下から)

正中ずれ・反対咬合の治療後(下から)

正中ずれ・反対咬合の治療前(咬合面・上)

正中ずれ・反対咬合の治療前(咬合面・上)

正中ずれ・反対咬合の治療後(咬合面・上)

正中ずれ・反対咬合の治療後(咬合面・上)

正中ずれ・反対咬合の治療前(咬合面・下)

正中ずれ・反対咬合の治療前(咬合面・下)

正中ずれ・反対咬合の治療後(咬合面・下)

正中ずれ・反対咬合の治療後(咬合面・下)

治療前の状態と患者さまのご要望

右上の八重歯、前歯の乱れ、お顔の正中ズレと歯の正中ズレを気にして来院されました。
また、前歯は通常上の歯が下の歯よりもわずかに唇側に出るのが理想的ですが、この症例ではそれが逆転してしまう反対咬合になっていました。

治療プラン

仮に、八重歯を部分矯正で治療する場合、八重歯または八重歯の1つ後ろの歯を抜くことになりますが、そうした場合、これまで以上に上の前歯全体が右にずれてしまうことになります。八重歯よりも前歯の正中の方が第一印象に影響すること、部分矯正での治療をご希望のことから、今回八重歯自体を動かすことは断念しました。

上の前歯については、全体を左側へ移動し、正中を可能な範囲で整えることとしました。
下の前歯については、上の歯とクロスしてしまっていること、歯が並ぶスペースが十分にないことから、下の前歯を1本抜いて、歯並びを整えてていきます。

部分矯正治療の結果

下の歯の抜歯が終わった後、矯正を始めました。
矯正装置は、患者さまのご希望で
上・・・裏側矯正のワイヤー
下・・・表側矯正のワイヤー
となりました。

事前のプラン通り、上下ともに歯列が整い、上下の正中も整いました。
今回、部分矯正だったため、八重歯の治療はかないませんでしたが、一番目立つ前歯が整ったことで、大変満足されていました。

 

横顔の治療前後写真

治療前

治療前

治療後

治療後

治療DATA

患者様の属性 30代女性
矯正期間 7か月
矯正装置の種類 上下前歯部 コンビネーション(上裏 下表)
矯正装置の料金(税別) 550,000円
処置料(税別) 6,000円
当院の矯正装置と費用 当院の治療の流れ

記事カテゴリー

部分矯正の基礎知識 矯正のリアル 矯正装置の紹介
出っ歯 歯並びの基礎知識 一覧

SNSで更新情報をCHECK

facebook

オススメの記事

  • すきっ歯、詰め物で治す?矯正で治す?

    2018.01.26

    「すきっ歯」を矯正治療で治すメリット・デメリット、費用や期間の比較

    部分矯正の基礎知識
  • 部分矯正のデメリット・よくある症例

    2017.07.5

    前歯だけ歯並びを治す部分矯正のメリット・デメリット、よくある症例紹介など

    歯並びの基礎知識部分矯正の基礎知識
  • “歯科矯正の見た目が気になる人必見!裏側矯正の実力とは”はロックされています。 歯科矯正の見た目が気になる人必見!裏側矯正の実力とは

    2017.05.22

    歯科矯正の見た目が気になる人必見!裏側矯正の実力とは

    矯正のリアル矯正装置の紹介
pagetop